昭和娘の独言

~R40の美容~

勘違いしがちなクレンジング法

こんにちは!

昭和娘 かとうみわ です。


やっと梅雨が明けそうですね。

 

f:id:beside-m:20200731000935j:plain

ちゃんとクレンジングしていますか?

今日はクレンジングの基本を。


疲れて家に戻って ソファーやベッドに横になると、なかなか動くことが出来ません。

クレンジングも面倒臭い!となりがち。

でも、汚れた顔のままで次の日を迎えるのってどうでしょう?

汚れた顔のまま、枕を使うのって…?


今日は、勘違いしがちなクレンジングをお伝えしたいなと思います。

 

  • クレンジングをパックの代わりにする
    クレンジング剤はメイクを浮かせて洗い流すもの。
    肌の上に長時間載せてパックの代わりにしてしまうと、必要以上に肌の潤いや油分を取り去ってしまいます。

  • クレンジング剤の量を少なめにする
    クレンジング剤は適量を守りましょう。
    肌の上でするっと抵抗なく滑るくらいたっぷり使いたいですね。
    クレンジング剤の量をケチると、摩擦で肌を傷つけることになりかねません。

  • クレンジング後はタオルでゴシゴシふき取る
    クレンジング後にタオルでゴシゴシふき取ることは×。
    柔らかいタオルで肌を優しく抑えるようにふき取って下さい。
    摩擦で肌を傷つけます。

  • メイクを3しっかり落とす為にゴシゴシ洗いをする
    クレンジング剤は肌に素早く伸ばし、ファンデと馴染ませます。
    指先で落とそうとする力が入ってしまうので、手のひらも使って優しく滑らせるように落としましょう。

  • ナチュラルメイクの日はクレンジングしない
    メイク剤は主に油と粉から出来ています。
    肌にメイク剤が残ったままだと、メイク剤の油分が酸化してしまいます。
    その結果、クスミやシミの原因になったり、毛穴に汚れが詰まったりすることがあります。
    必ず、その日のうちにオフしたいですね。

  • 日焼け止めだけだから洗顔だけでOK
    メイクをしないで日焼け止めだけの日も、クレンジングをしたいものです。
    日焼け止めは、ウォータープルーフタイプのものが多く、これは洗顔のみでは落としにくいのです。
    日焼け止め剤が肌に残ったままだと、肌が乾燥したり 肌荒れしたりする原因になるので、その日のうちにオフしたいものです。


綺麗にメイクアップしても、時間が経てば 空気中の汚れや肌の皮脂を吸着して酸化してしまいます。

一日の終わりには しっかりオフして、スキンケアをして、次の日を迎えたいものですね。

 

素敵なことがたくさん起こりますように。

ではまたね。